コラム|品川区・大井町駅・西大井町で歯科をお探しの方はBcデンタルオフィスまで

診療時間
9:00~13:00 / /
14:00~18:00 / /

※日曜日は月に1回矯正治療日
★:14:00~17:00まで
休診日:木曜・祝日

〒140-0014
東京都品川区大井2丁目27-25

tel. 03-6303-8696
診療時 英語対応可
Available in English
  • 地図
  • メニュー

歯を失う原因第一位が歯周病である理由

皆さんこんにちは。

Bcデンタルオフィスです。

 

私たち日本人は、高齢になるほど多くの歯を失う傾向にあります。

 

予防の先進国である欧米諸国では、「80歳のときに20本以上の歯」を有している人がほとんどですが、日本人は半数程度にとどまっています。

 

これは歯を失う原因第一位である歯周病をきちんと治療、あるいは予防出来ていないからです。

 

でもそもそも「なぜ歯周病で歯を失うことになるのか」、不思議に思われる方もいらっしゃいますよね。

 

歯ぐきの病気でなぜ歯を失う?

歯を失う原因について素直に考えると、まず「むし歯」が思い浮かぶ人が大半ですよね。

 

むし歯は、むし歯菌によって歯質が溶かされ、やがては歯の神経まで殺されてしまいます。

 

けれども、むし歯というのは、歯根まで崩壊するまでにいろいろな手立てを打てる病気ともいえます。

 

歯冠がボロボロになっても、「根管治療」さえ成功すれば、歯を保存できますよね。

 

一方、歯周病となると話は少し変わってきます。

 

歯を支える組織が壊れる病気

歯周病は、歯を支える歯ぐきや歯根膜、歯槽骨などが壊れされる病気です。

 

歯がグラグラする」という症状があると、その病態もイメージしやすくなることかと思います。

 

どんなに歯が健康であっても、その「土台となる顎の骨」が壊れてしまってはどうしようもありませんよね。

 

気付いた時には重症化している

歯周病も重症化する前に、治療することは可能です。

 

けれども、むし歯のように強い痛みなどが生じにくいため、「自覚した頃には重症化」していることも珍しくないのです。

 

そういった「沈黙の病気」という側面も歯を失う原因の第一位となる理由のひとつといえます。

 

まとめ

このように、歯周病はむし歯以上に歯を失うリスクを高める病気です。

 

それだけに早期発見・早期治療が重要といえます。

 

当院の定期検診を受けていただければ、まだ発生して間もない歯周病でもしっかり見つけ出すことができます。

 

歯周病の予防処置も実施しておりますので、いつまでも健康な歯や歯茎を維持したいという方は、お気軽に当院までご連絡ください。