コラム|品川区・大井町駅・西大井町で歯科をお探しの方はBcデンタルオフィスまで

診療時間
9:00~13:00 / /
14:00~18:00 / /

※日曜日は月に1回矯正治療日
★:14:00~17:00まで
休診日:木曜・祝日

〒140-0014
東京都品川区大井2丁目27-25

tel. 03-6303-8696
診療時 英語対応可
Available in English
  • 地図
  • メニュー

根管治療の重要性について

皆さんこんにちは。

Bcデンタルオフィスです。

 

歯の神経にまでむし歯菌の感染が広がってしまったら、いよいよ根管治療しか選択肢がなくなってきます。

 

根管治療はとても長い時間のかかる処置だけに、「いっそのこと抜いてしまった楽なのでは?」と考える方もいらっしゃることかと思います。

 

そこで今回は、「根管治療を行う重要性」についてわかりやすく解説します。

 

天然歯を残すことの意義

根管治療が適応される歯というのは、もうすでに歯の頭の部分である「歯冠(しかん)」がボロボロに崩壊していることも多々あります。

 

そうなってしまったら、それこそ抜歯を選択した方が良いように思えますが、その状態においてもやはり「天然歯を残すことの意義は大きい」といえます。

 

例え、歯の噛む部分が崩壊してしまったとしても、根管治療を完了させて、被せ物などを装着した方がお口全体の健康にとってもメリットが大きいといえます。

 

歯を残すための治療

根管治療は、ひと言でいうと「歯を残すための治療」です。

 

根管治療が成功するか、失敗するかで、歯の保存の可否も決まります。

 

それだけに、歯医者さんは時間をかけてじっくり根管治療を進めていくのです。

 

当院であれば、マイクロスコープを活用してでも、「精密な根管治療を追求」していきます。

 

抜歯をした方が良い歯もある

根管治療というのは、すべてのケースで最善の選択肢となるわけではありません。

 

場合によっては、「抜歯をしてインプラントを埋入」した方が良いこともあります。

 

ですから、重症化したむし歯にお悩みであれば、まず当院までご相談ください。

 

精密な検査を実施したのち、最善といえる治療法をご提案します。

 

ちなみに当院では、「インプラント治療の実績も豊富」です。

 

まとめ

このように、歯の神経まで侵された虫歯は、根管治療が必須となります。

 

歯を残すための大切な処置であることから、最後まできちんと完結させることが大切です。

 

根管治療が難しい場合は、インプラントなどその他の選択肢も考慮しながら、最善の方法を模索しましょう。

 

当院であればそのお手伝いができるかと思います。