コラム|品川区・大井町駅・西大井町で歯科をお探しの方はBcデンタルオフィスまで

診療時間
9:00~13:00 / /
14:00~18:00 / /

※日曜日は月に1回矯正治療日
★:14:00~17:00まで
休診日:木曜・祝日

〒140-0014
東京都品川区大井2丁目27-25

tel. 03-6303-8696
診療時 英語対応可
Available in English
  • 地図
  • メニュー

インプラントは治療後のメンテナンスが重要

皆さんこんにちは。

Bcデンタルオフィスです。

 

インプラントは、人工歯根を埋め込み、セラミック製の人工歯を装着することで治療が完了しますが、その後のケアも重要になってきます。

 

なぜなら、インプラントは「歯茎の病気にかかりやすい」からです。

 

そこで今回は、インプラント治療後に「メンテナンスを受ける重要性」についてわかりやすく解説します。

 

むし歯にはならなくても歯周病にはなる?

インプラントは、歯根から歯冠まで、すべてが人工物で作られています。

 

ですから、いくら不潔にしていたとしても、「むし歯になることは絶対にありません」。

 

むし歯菌はエナメル質や象牙質に感染する病原体だからです。

 

一方、歯周病菌というのは、歯の周りに存在している歯茎や歯槽骨に感染して炎症を引き起こしますよね。

 

そのため、インプラントを不潔にしていると、「インプラント周囲炎」というある種の歯周病を引き起こしてしまうのです。

 

セルフケアには限界がある

インプラントは天然歯のような見た目と噛み心地を兼ね備えた素晴らしい装置ですが、やはり本物の歯とは少しことなります。

 

とくに、上部構造とアバットメント、インプラント体が連結されている部分は「汚れがたまりやすく」、セルフケアでは不十分であることも珍しくないのです。

 

そうした汚れを放置すると歯周病菌などが繁殖して、歯茎に炎症をもたらします。

 

ですから、定期的なメンテナンスで「プロフェッショナルケアを受ける必要」があるのです。

 

メンテナンスでインプラントの寿命を延ばす

インプラントのメンテナンスでは、アバットメントなどが緩んでいないかチェックするだけではなく、「装置のお掃除」も行います。

 

そうすることでインプラント周囲炎を防ぐことができ、いつまでも健康な状態でインプラントを使い続けることも可能となるのです。

 

まとめ

このように、インプラントは治療が完了して安心していると、歯周病などの病気を発症してしまうことがあります。

 

その結果、インプラントがグラグラと揺れ動いたり、最悪の場合は脱落したりするので、十分なケアが必要です。

 

当院ではそんなトラブルを未然に防ぐためにも、しっかりとしたアフターケアを行っております。